4Kの超感動を、ケーブルテレビで。2018年12月1日(土)新4K8K衛星放送スタート

4Kトコちゃん

2018年12月1日(土)新4K8K衛星放送スタート

新4K8K衛星放送とは、BS・110度CSで始まる新しい4K・8K放送のことです。
現在ご覧いただいているフルハイビジョンを超える高精細・高画質な映像で、
さまざまなコンテンツをお楽しみいただけます。

新4K8K衛星放送で放送開始予定のチャンネル

※一部有料チャネルや開始時期が異なるチャンネルがあります。詳しくはお問い合わせください。

4K8K放送の魅力

高品質でキメ細やかな映像

フルハイビジョンに比べて4Kは4倍の画素(3840×2160画素)、8Kは16倍の画素(7680×4320画素)を持つことで、キメ細やかでよりリアルな映像表現で、お楽しみいただけます。

スポーツ番組であれば従来は分かりにくかった選手の表情も分かります。風景では遠くまでクリアで奥行きのある映像で臨場感が伝わってきます。

臨場感を味わえるマルチチャネルサラウンド

4K放送では、映像の各シーンにマッチした臨場感を味わえる5.1ch超のマルチチャネルサラウンドを、8Kではさらに22.2chのマルチチャネルサラウンド楽しむことができます。これより全方向から音を再現することで、大画面の超高精細映像とともに、まさにその場にいるかのような臨場感や迫力を体験することができます。

色彩豊かに、なめらかな動きも再現

■広色域化

従来よりも色域が広がったことで、表現できる色数が増え、より自然で鮮やかに、「実際に見える色」に近い表現が可能。

■画像の高速表示

現在、1秒間に30コマ※しか表示していない画像も、最大120コマの表示に高速化できるので、動きの速いスポーツなども、「ぼやけず」「なめらかに」表示可能。

60の2フィールドを1コマと表現しています。

■多階調表現

現在のおよそ1,600万階調に対し、およそ10億階調へ拡大。
これにより、色や明るさの変化がなめらかになり、自然な映像に。

■輝度

HDR技術により、映像で表現できる明るさの範囲が大幅に拡大し、より現実に近い明るさの表現が可能。

参考:総務省ホームぺージ(http://www.soumu.go.jp/

写真はイメージです。

新4K8K衛星放送をお楽しみいただくには…ひかりdeテレビがおすすめです。

4K放送に対応したテレビや専用のチューナー、アンテナの交換などの事前準備が必要となります。

ケーブルテレビなら…手間いらず! 当社にご相談ください!!

お客様の視聴環境に応じた受信対応(アンテナ、専用チューナー等)について
準備から設置まで当社がご案内致します。

受信設備について

ケーブルテレビなら4Kの放送波をセンター設備で受信し、光ファイバーでお届けするので、アンテナは不要です※1。分配器やケーブルの交換の必要がある場合もありますが、当社の技術スタッフがご案内致します。

4K放送に対応したテレビをご用意ください

4Kチューナーを内蔵しているテレビと内蔵していないテレビがあります。4Kチューナーが内蔵していないもの※2であっても当社が専用チューナー※3をご用意致します※4

  1. ※1新4K8Kのご視聴にあたり、現在ご加入の放送コースが「ひかりdeテレビ」でない場合、同プランへの変更が必要な場合がございます。
  2. ※24K解像度(3,840×2,160画素)のテレビに限ります。
  3. ※3CATV専用デジタルチューナーは、8K放送には対応しておりません。
  4. ※4別途有償。詳細が決定致しましたら当社HP等でお知らせ致します。

「4K対応テレビ」と「4Kテレビ」の違いについて

4K対応テレビ
現在放送されているデジタルハイビジョン放送を受信でき、かつ外部から入力された4K映像信号を4K本来の画質(水平3,840画素、垂直2,160画素)で表示できるテレビです。現在、多くのメーカーから市販されています。
4Kテレビ
4K対応テレビの機能に加え、4K放送をテレビ本体で受信可能※1なテレビです。なお、BS・110度CSの4K・8K放送を受信できるテレビは新4K8K衛星放送の本放送開始までに市販される予定です。
  1. ※1ここでは、衛星による4K放送、IPTVによる4K放送・配信サービス(ビデオ・オン・デマンド、IP放送、IP再送信)のうち、1つ以上の受信機能をテレビ本体に搭載していることを指します。