新4K8K衛星放送の魅力

高品質でキメ細やかな映像

フルハイビジョンに比べて4Kは4倍の画素(3840×2160画素)、8Kは16倍の画素(7680×4320画素)を持つことで、キメ細やかでよりリアルな映像表現で、お楽しみいただけます。

スポーツ番組であれば従来は分かりにくかった選手の表情も分かります。風景では遠くまでクリアで奥行きのある映像で臨場感が伝わってきます。

臨場感を味わえるマルチチャネルサラウンド

4K放送では、映像の各シーンにマッチした臨場感を味わえる5.1ch超のマルチチャネルサラウンドを、8Kではさらに22.2chのマルチチャネルサラウンド楽しむことができます。これより全方向から音を再現することで、大画面の超高精細映像とともに、まさにその場にいるかのような臨場感や迫力を体験することができます。

色彩豊かに、なめらかな動きも再現

■広色域化

従来よりも色域が広がったことで、表現できる色数が増え、より自然で鮮やかに、「実際に見える色」に近い表現が可能。

■画像の高速表示

現在、1秒間に30コマ※しか表示していない画像も、最大120コマの表示に高速化できるので、動きの速いスポーツなども、「ぼやけず」「なめらかに」表示可能。

60の2フィールドを1コマと表現しています。

■多階調表現

現在のおよそ1,600万階調に対し、およそ10億階調へ拡大。
これにより、色や明るさの変化がなめらかになり、自然な映像に。

■輝度

HDR技術により、映像で表現できる明るさの範囲が大幅に拡大し、より現実に近い明るさの表現が可能。

参考:総務省ホームぺージ(https://www.soumu.go.jp/

写真はイメージです。