ネット速度に関する基礎知識

PS4のインターネット速度の目安は?測定方法や改善策も解説

rss

PS4(プレステ4)で遊んでいて「ダウンロードが遅い」「ラグる・バグる」と感じることはありませんか?そんなときは、Wi-Fiの通信速度や回線速度を改善することで問題が解決するかもしれません。本記事では、PS4のインターネット速度の目安や測定方法、無料で試せる回線を高速化する方法を解説します。


目次

PS4のインターネット速度はどれくらいを目安にすればいい?. 2
1.ダウンロード速度. 2
2.アップロード速度. 3
3.Ping値. 3
PS4のインターネット速度を測定する2つの方法. 3
1.PS4のインターネット接続診断で測定する. 3
2.PS4内のWebブラウザからスピードテストする. 4
遅いPS4のインターネット速度を上げる方法7選. 4
1.PS4やONU・ルーターを再起動する. 4
2.有線LANで接続する. 5
3.DNS設定を変更する. 5
4.使用しているPS4の無線規格に合わせたルーターを使う. 6
5.PS4のシステムソフトウェアをアップデートする. 7
6.PS4と他の端末を同時に使用しない. 7
7.インターネット回線を切り替える. 7
インターネット速度を改善してPS4を快適に楽しもう. 8

PS4(プレステ4)で遊ぶ際、ストレスなく楽しむにはどの程度の通信速度や回線速度が目安になるのでしょうか。また、「ダウンロードが遅い」「ラグる・バグる」といった悩みがある場合はどうすればいいのでしょうか。

本記事では、プレステ4のインターネット速度の目安や測定方法について解説します。

無料で試せるインターネット速度を改善するための方法も紹介しますので、回線の切り替えを検討する前にひと通り試してみましょう。

 

PS4のインターネット速度はどれくらいを目安にすればいい?


プレステ4を快適に楽しむために必要なインターネット速度には、次の3つの指標があります。
ここではゲームのジャンルによる必要な速度の違いについても説明します。

1.ダウンロード速度

ダウンロード速度とは、インターネット上にあるサーバーからデータを受信する速度のことです。快適なプレイのためのダウンロード速度は、ゲームのジャンルによって異なります。

育成ゲームやRPG、シミュレーションなど、動きの少ないジャンルなら20~30Mbpsもあれば対応できます。一方で、「モンハン」など、動きが激しいアクションゲームなら最低でも30Mbpsは欲しいところです。

さらに動きが激しくなり、参加人数が増える「APEX」のようなゲームなら、70Mbps以上を目安とした速い回線が必要です。

ゲームのダウンロードやアップデートを快適にしたいなら、100Mbps以上の速度が理想といえるでしょう。

2.アップロード速度

アップロード速度とは、インターネット上にあるサーバーにデータを送信する速度のことです。プレステ4などのゲームの場合、「移動や攻撃といった自分のボタン操作を相手まで送り届ける速度」と考えることができます。

アップロードの場合はダウンロードほど大容量の通信は必要としません。プレイするゲームにもよりますが、5Mbpsほどあれば困ることはないでしょう。

ただし、リアルタイムでゲームを動画配信したいなら、30Mbps以上のアップロード速度が必要になります。

3.Ping値

ping値とはデータの送受信にかかる時間のことです。プレステ4などゲームをプレイするのに特に重要とされる値で、小さいほどタイムラグが少なくなり、有利にゲームを進めることができます。

ping値はFPSなら「敵を撃ちダメージを与える」という一連の動作に影響します。ping値が小さいほど、「撃つ・ダメージを与える」という動作がスムーズになり、値が大きいと撃ちあいでダメージを一方的に受けてしまう「撃ち負ける」現象が起こります。

快適にプレイするためのping値の目安は30msです。10ms以下ならFPSで撃ち負けることはなくなるでしょう。

ping値について詳しく確認する

インターネット速度の目安について詳しく確認する

PS4のインターネット速度を測定する2つの方法



プレイしたいゲームに必要なインターネット速度がわかったら、現在の環境でどれくらいの速度が出ているかを測定してみましょう。

速度を計測するには、プレステ4に搭載されている機能を利用する方法と、測定サイトに接続する方法の2種類があります。

 

1.PS4のインターネット接続診断で測定する

プレステ4のインターネット接続診断では、以下の方法で速度を測ることができます。
 
①プレステ4のホーム画面から「本体設定」へ
②本体設定内の「ネットワーク」を選択
ネットワーク内から「インターネット接続を診断する」を選択

ただし、プレステ4の接続診断では「ping値」は測定できません。ping値を測定したい場合は、次の方法を試してみましょう。

 

2.PS4内のWebブラウザからスピードテストする

プレステ4に搭載の「Webブラウザ」から、回線速度が測定できる以下のようなサイトにアクセスしてみましょう。
    「GO」をクリック
            アクセスすると自動的にスピードテストが開始される
   「通信速度を測定する」をクリックし必要情報を入力

「みんそく」は現在利用中の回線のスピードテストだけでなく、他の回線の平均速度との比較などができるサイトです。インターネット回線の乗り換えの検討に役立つでしょう。

ネット速度と計測方法について詳しく確認する
 

遅いPS4のインターネット速度を上げる方法7選

ここからは、インターネットの速度をあげる方法を7つ紹介します。無料で行えるものがほとんどなので、まずは気軽に試してみましょう。それでもプレイにストレスを感じるようなら、最後に回線の切り替えを検討しましょう。

1.PS4やONU・ルーターを再起動する

最も簡単に試せるのは、プレステ4の本体や、ONU・ルーターなどインターネット接続機器を再起動する方法です。本体や接続機器の長時間の使用は、回線速度に悪影響を与えます。

プレステ4の再起動は「ホーム画面」の「電源」アイコンまたは、PSボタンの長押しで表示される「クイックメニュー」の「電源」アイコンから行ってください。

ONUやルーターを再起動するには、電源ボタンをオフにして10分ほど待った後、再びオンにします。電源ボタンが見つからない場合は、コンセントを抜き差しすることで電源のオフと再起動が行えます。

2.有線LANで接続する

無線LANルーターを用いてインターネットを接続している場合、有線接続に切り替えることで速度の向上と接続の安定が期待できます。

プレステ4と無線LANルーターなどのLANポート同士をケーブルでつなげますが、その際は、プレステ4の通信規格「1000BASE-T」に対応する「CAT.(カテゴリ)6」以上のLANケーブルがおすすめです。

有線での接続が難しい場合は、無線LANルーターの買い替えを検討しましょう。

購入から5年以上経過している場合や、使用中のルーターが「Wi-Fi5(IEEE802.11ac)」以上に対応していない場合は、買い替えを行うことで速度の向上が実感できるでしょう。

無線LANルーターをなるべくプレステ4と近づけて設置するのが、インターネットの速度を上げるコツです。

3.DNS設定を変更する

DNS設定を変更することで、速度が向上することがあります。

プレステ本体での操作方法は以下の通りです。

 
①プレステ4のホーム画面から「本体設定」へ
②本体設定内の「ネットワーク」を選択
③ネットワーク内から「インターネット接続を設定する」を選択
④LAN設定から「LANケーブルを使う(有線)」「Wi-Fiを使う(無線)」のいずれかを選択
⑤「インターネットの接続を設定」から「カスタム」を選択
⑥「IPアドレス設定」で「自動」を選択
⑦「DHCPホスト名」で「指定しない」を選択
⑧「DNS設定」で「手動」を選択し「DNSサーバー」を入力
⑨プライマリ「1.1.1.1」、セカンダリ「1.0.0.1」に設定
⑩「MTU設定」で「自動」を選択
⑪「プロキシサーバー」で「使わない」を選択 


DNSサーバーで入力する「1.1.1.1」と「1.0.0.1」は「Cloudflare社のものです。プレステ4によって自動設定されているものよりもping値が良好とされているため、FPSのプレイヤーを中心に愛用者が増えています。

設定したら「インターネット接続診断」などで、実際にスピードが改善されたかを確認してみましょう。

ただし、DNS設定の変更で改善されるスピードはわずかなもので、変化がなかったり、設定前よりも遅くなったりすることもあります。

スピードの改善が見られなければ、変更した「DNS設定」を「自動」にもどしておきましょう。

4.使用しているPS4の無線規格に合わせたルーターを使う

2016年9月以降に発売されたプレステ4は、無線規格「11ac」が搭載されている無線LANルーターに対応しています。ルーターの規格が「11n」など「11ac」以前のものなら、「11ac」以降の規格が搭載されているものに買い替え換えることにより、インターネット速度の向上が期待できます。

使用している無線LANルーターの無線規格は、メーカー公式ホームページで確認しましょう。「無線LANインターフェース」「準拠規格」にある「IEEE802.」に続く数字とアルファベットをチェックしてください。

最新の「11ax(Wi-Fi6)」まで準拠する無線LANルーターに買い替えれば、パソコンやスマートフォンの高速化も可能になります。

5.PS4のシステムソフトウェアをアップデートする

プレステ4のホーム画面右上の「設定」から「システムソフトウェアアップデート」を行うことで、回線速度が向上する場合があります。

アップデートを行うことで、プレステ4本体を制御しているソフトウェアを最新のものに保つことができます。

回線速度だけでなく、セキュリティやパフォーマンスが向上するだけでなく、新機能が追加されることもあるため、アップデートがないかチェックする習慣をつけておきましょう。また、ルーターなど周辺機器のアップデートもおすすめです。

アップデート中に本体の電源を切ると故障につながることがあるため、注意しながら作業を行いましょう。

6.PS4と他の端末を同時に使用しない

プレステ4をオンラインで楽しんでいるときは、家庭内での同時接続を控えてもらいましょう。プレイ中に同じインターネット回線で動画の視聴やデータのダウンロードを行うと、家庭内の回線が混雑し、速度が落ちてしまいます。

「ダウンロード1Gbps」の回線は、接続している端末それぞれで1Gbpsの速度が出るわけではありません。プレステ4とスマートフォン、パソコンの3台を同時に接続していたら、3台の合計で1Gbpsの速度が出るという計算になります。

同じ現象はLAN配線方式の集合住宅でも起こります。回線が空いている時間帯にプレスレ4を楽しみましょう。

7.インターネット回線を切り替える

プレステ4のオンラインゲームを高速化するうえで効果的な方法は、光回線への切り替えです。

特にポケットWi-Fiなどのモバイル回線を使用中の場合は、速度が遅いうえに通信が不安定になりがちなので、光回線へ切り替えることでオンラインプレイの快適性や安定性は格段にアップするでしょう。

切り替えの際には回線の混雑時にも通信がスムーズな「IPoE接続」を選ぶのがポイントです。契約時には、プロバイダーがサービスを提供していることを確認してください。また、ルーターもIPoE接続に対応できるものを用意しましょう。

インターネットの速度を上げる方法について詳しく見る

インターネット速度を改善してPS4を快適に楽しもう

プレステ4で「ラグ」や「バグ」なしでオンラインゲームを楽しむためには、インターネットの回線速度が大切です。特に、ダウンロードの速度とping値はプレイに大きく影響します。

まずは現状の速度を測り、その結果、十分な速度が出ていないことがわかったら、まずは有線接続に変更するなど無料でできる改善方法を試してみましょう。それでも速度に満足がいかない場合は、ネット回線の切り替えを検討することをおすすめします。

インターネットを光回線へ切り替えることで、オンラインプレイの快適性や安定性は格段に向上するでしょう。

 

トラックバック一覧

コメント

ブログ 7日間のアクセスランキング

アーカイブ