ネット速度に関する基礎知識

光回線工事で立ち会いが必要なケースとは?注意点も併せて解説!

rss

光回線の開通に室内工事をともなう場合は、契約者や代理人の立ち会いが必要です。この記事では、立ち会いが必要・不要なケースや、立ち会い時の注意点を解説しています。


光回線工事は電柱から回線を建物に引き込み、光コンセントまで配線、機器を設置する方法で行われます。その際に、室内での作業には立ち会いが必要です。

しかし、マンションでの工事の多くは室内工事をともなわないため、立ち合いは不要になります。

この記事では、光回線工事に立ち会いが必要なケースについて詳しく解説します。注意点も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

光回線工事の立ち会いでは何をするの?. 1
光回線工事の立ち会いが必要になる理由. 1
屋内工事の作業が必要になるため. 1
トラブル防止. 1
光回線工事で立ち会いが不要な場合. 1
事業者変更による無派遣工事. 1
光ファイバーと光コンセントが設置されている. 1
以前使っていた光回線の事業者に変更を行う. 1
光回線工事の立ち会いに関するよくある質問. 1
立ち会いは本人でなくていいのか. 1
立ち会い中は何をすればいいの?. 1
まとめ. 1

光回線工事の立ち会いでは何をするの?



戸建てでの光回線工事の場合、多くは立ち会いが必要です。利用者がやるべきことは特にないため、基本的に工事を見守るだけで構いません。

場合によっては、光コンセントの設置場所の指示出しやトラブル対応などを行うこともあります

光回線工事の立ち会いが必要になる理由

光回線工事の立ち会いが必要なのは、次のような理由があるからです。
それぞれの理由について見ていきましょう

屋内工事の作業が必要になるため

光回線の工事には、光回線を電柱から建物まで引き込む屋外工事と、使いたい部屋まで配線して光コンセントに繋ぎ、機器を接続する屋内工事、そして無派遣工事があります。

屋内工事の場合は工事担当者が部屋に入る必要があるため、契約者もしくは代理人の立ち会いが求められます。屋内工事には1~2時間ほどかかります。

立ち会いが必要になるのは、主に戸建ての場合です。マンションでは光回線が各部屋まで配線済みのケースもあり、回線事業者への申込みだけで開通可能な物件も多くあります。

マンションでの光回線工事については、以下の記事も参考にしてみてください。

マンションでの光回線工事について詳しく確認する

光回線工事の時間について詳しく確認する

 

トラブル防止

立ち会いには、トラブル防止の目的もあります

例えば、屋内での作業後に部屋から何かしら自分のものがなくなった場合、工事担当者が疑われてしまう可能性があります。

工事に誰かが立ち会っていれば、工事担当者がモノを取っていないことが証明できます。

他の光回線工事にともなうトラブルは、以下の記事も参照してください。

 

光回線工事で立ち会いが不要な場合

ここでは、光回線工事で立ち会いが不要な場合を紹介します。

光回線工事が部屋のどこに行われるかについては、以下の記事でも詳しく解説しています。

光回線工事が部屋のどこで行われるのか詳しく確認する

 

事業者変更による無派遣工事

インターネットの接続事業者(プロバイダー)を変更する場合、すべてのケースで光回線を引き込み直す必要はありません。同じ光回線を使用しながら、接続事業者だけを変更することも可能です。

例えば、フレッツ光からソフトバンク光など光コラボへの変更は、同じ光回線を使い続けるので、現地での工事は必要ありません。したがって立ち会いは不要です。このように、工事担当者の派遣を伴わない工事を「無派遣工事」といいます。

無派遣工事の場合、工事担当者が自宅に来ることは基本的にありませんが、遠隔で工事を行っているため工事費は必要になります。

光ファイバーと光コンセントが設置されている

集合住宅や中古の戸建てで、光コンセントまですでに光回線が来ている場合は、申込みの電話だけでインターネットを開通できます。現地での工事は行われないので、立ち会いの必要もありません

ただし、屋内まで来ている光回線が希望する接続事業者のものではない場合や、光コンセントと光回線が接続されていない場合は、現地での接続作業が発生するので、立ち会いが必要になります。

以前使っていた光回線の事業者に変更を行う

接続事業者を変更したけれど使い勝手に満足できず、以前利用していた接続事業者に戻したいという場合でも、同じ光回線を使うなら現地での作業は行われず、立ち会いは不要になります。

ただし、回線速度を変更して再契約するなど、同じ光回線を使っていても現地での工事が発生するケースもあるので注意が必要です。

どのような場合に光回線の工事が不要になるかについては、以下の記事で詳しく説明しています。

光回線工事が不要になるケースについて詳しく確認する


光回線工事の立ち会いに関するよくある質問

ここからは、光回線工事の立ち会いに関する、よくある質問を紹介します。

立ち会いは本人でなくていいのか

求められるのは業者が行う室内工事の成り行きを見守ることなので、立ち会うのは光回線の契約者である必要はありません。家族や親戚、友人など信頼がある人物ならに立ち会いをお願いする場合は、工事の目的を事前に説明しておきましょう。

ただし、代理人といっても光コンセントの設置場所の指示出しや、トラブルが起こった場合の対処が求められるケースも想定されます。代理人に立ち会いを依頼する場合は、なるべく工事中に連絡が取れるようにしましょう。

立ち会い中は何をすればいいの?

契約者や代理人は、基本的に工事の成り行きを見守るだけとなります。

光回線工事の開始・終了時間が変更になることもあるので、余裕のあるスケジュールを立てて工事に立ち会ってください。

まとめ

光回線工事の立ち合いはすべてのケースで必要になるわけではありません。立ち会いが必要な場合も、基本的には工事の成り行きを見守るだけでよく、契約者が立ち会えないなら代理人を立てることもできます。無理に仕事を休む必要もないでしょう。

ただし、光コンセントの設置場所や、工事が難しいと伝えられた場合の対処法を、あらかじめ考えておく必要があります。

代理人に立ち会いを依頼する際は、不測の事態に備えてなるべく連絡が取れる状態にしておきましょう。

 

TOKAIケーブルネットワークのサービスについて